メディア掲載情報

医療法人唐虹会 虹と海のホスピタルに関して、雑誌などのメディアに紹介された記事を掲載しています。

【新聞掲載】入院リワークプログラムが、佐賀新聞で紹介されました

佐賀新聞 2013年4月13日(土)地域の話題より

http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2435966.article.html

 

「うつ→職場 復帰支援」~虹と海のホスピタル 入院プログラム

唐津市唐津市原の「虹と海のホスピタル」(進藤龍一理事長)は、うつ病からの職場復帰をサポートする「入院リワークプログラム」を22日からスタートする。会社員の心の病が増える中、県内の医療機関では初めての取り組み。

  プログラムは3か月単位。集中力を持続させるための陶芸やクラフトなどの作業療法、復帰後の仕事を念頭においたパソコン操作や新聞要約などのオフィスワーク(事務)、仕事のストレスに直面したときに行動や気持ちを切り替えるための認知行動療法など週5日のメニューを組む。

 

 うつ病やストレス疾患の場合、薬の服用や睡眠が不規則になり、再発するケースが多く、同プログラムではすべてのプログラムに参加してもらうため、入院を原則としている。

 

 同病院の広報室長は「再発のサインに自分で気づくことができれば、予防はできる。規則正しい生活を通じ、復職のモチベーションを高めてもらえれば」と話す。

 

 3か月ごとに募集する。問い合わせは同病院、電話0955(77)0711。

 

病院ホームページの入院リワークの詳細はこちら

http://www.nijitoumi.or.jp/info_2013.4.1.html

f:id:shindo-cp:20130415102659j:plain